スポンサーリンク

News

【注意】5/1よりiPhone5対応されていないアプリ、UDIDを使ったアプリはリジェクトされる

【注意】5/1よりiPhone5対応されていないアプリ、UDIDを使ったアプリはリジェクトされる

5/1以降の新たなアプリ審査条件について、アップルから発表がありました。

  • iPhone5の4inch画面に最適化されていないアプリはリジェクト
  • UDIDを使用しているアプリはリジェクト

Apple、5月1日からUDIDにアクセスするアプリ・非iPhone 5最適化アプリはリジェクトと発表。

ただし、新たに掲載する際や、アップデート時の審査でリジェクトされるのであって、
すでに公開済みのアプリに影響は出ないそうです。

「iPhone5に最適化されていない」というのは、4inchの縦長画面で見た時に、上下に黒帯が入っている状態です。
最新版のXCodeで普通に開発していれば、iPhone5非対応のアプリが生まれる可能性は低そうですね。

UDIDを使用していたアプリは、iOS6から導入されたIDFA(広告識別子)というものに乗り換える必要があります。
ということは、iOS5以前のOSをサポートしていて、UDIDを使用していたアプリは、もうアップデートできないということになるのでしょうか?

スポンサーリンク